入会案内Enrollment guidance

Enrollment guidance「一般社団法人 数理人材育成協会(HRAM)」入会案内

一般社団法人 数理人材育成協会(Human Resource Association of Mathematics)
入会のお勧め

一般社団法人数理人材育成協会(HRAM)は、数理人材の育成と産業の活性化を目指し、大阪大学 数理・データ科学教育研究センター(MMDS)を主体として2019年に設立された法人で、主に学生、社会人を対象とした教育プログラムの開発と提供を行っております。
社会人向け数理人材育成のためのe-learningコンテンツ受講や、講師による出前講義などにご興味をお持ちの企業様はぜひ本法人にご入会下さるようお勧めいたします。

一般社団法人数理人材育成協会の活動内容

  1. (1) 学生、社会人を対象とした教育プログラムの開発と提供
  2. (2) 講演会、公開講座、シンポジウム、研修会の開催支援
  3. (3) 出前講義、技術相談、共同研究の斡旋
  4. (4) 産業の活性化に資する理数系人材育成に関する提言
  5. (5) その他当協会の目的を達成するために必要な事業

開講コースと認定制度

◆E-learning視聴とスタディグループ参加

①Aコース:データサイエンス『基礎コース』(E-learning視聴)

5単位以上を取得頂きますと、“基礎コース「修了証」”を授与

②Bコース:データサイエンス『実践コース』(スタディグループ参加)

Aコース5単位に加え、Bコース2単位以上を取得頂きますと、“データサイエンス「認定証」”を授与

③Cコース:医療データ『基礎実践コース』(E-learning視聴とスタディグループ参加)

「Cコーススタディグループ」1単位を含む3単位以上を取得頂きますと、“医療データコース「認定証」”を授与

詳しい開講科目一覧及び講義の内容につきましては、下記DuEX(データ関連人材育成関西地区コンソーシアム)のサイトをご覧下さい。https://duex.jp/
大阪大学MMDSが提供するDuEXプログラムを、当協会が窓口となり広く一般の方へ提供致しております。

◆リカレント教材開発パイロット授業(秋・冬学期開講)

キャリアアップを目指す社会人のための教育訓練プログラム、全40回(各回90分)平日夜間・土日開講の座学

①「基礎コース」

データサイエンスに必要となる数学や数理統計の知識、データ解析のための手法やプログラミングについての基礎的な知識や技術を習得する。レポート提出にて4単位取得頂きますと、“リカレントパイロット授業基礎コース「修了証」”を授与

②「応用コース」

様々な研究分野や企業でのデータ処理や解析の手法を学習し、データサイエンスの最先端の研究や実用についての知識を得る。(2020年4月以降開講予定)

PAGE TOP